詐欺サイトに情報を入力してしまったらどうすればいい…?

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

「商品が届かない!偽通販で購入してしまったかも…。どうしたらいいの?

「偽サイトと気付いたときにはもう個人情報を送ってしまった……

銀行に振り込んだあと連絡がこない…。メール送っても返事がない…」

「途中で怪しいと思って買うのをやめたけど、個人情報がもれていないか不安で仕方ない…

「なんか不安は感じたけど、、なかなか手に入らない欲しかったものが安く売られていたので買ってしまった…」

 

 

このようなお悩みをすべて解決します。

 

 

  • この記事の監修

E-A-T/専門性、権威性、信頼性

 

「詐欺サイトに情報を入力してしまったらどうすればいい…?」という方に向けて、インターネット通販詐欺で起きたトラブルを解決してくれる安心の連絡先があります。

 

darryl
ネット詐欺は個人で解決できるものではありません。
すぐに相談してどうすればいいか指示を仰ぎましょう。

 

ネット詐欺にあったら今すぐ日本法規情報へ相談してください!

 

日本法規情報(外部リンク)

 

日本法規情報の特徴

 

初めて聞く人も多いと思いますので簡単に説明させてください。

 

日本法規情報は「詐欺被害相談・ワンクリック詐欺・ネット被害相談」などの通販詐欺相談サポートをしているネットトラブル解決に強い無料相談窓口です。

 

私たちが気軽に利用できるネットショッピングの影に隠れた通販トラブルを日々理解しており、ネットショッピングに関する意識調査を行っている庶民によりそった優良団体です(以下例)

 

■ネットショッピングの利用経験者は87%
質問:ネットショッピングの利用経験はありますか?(単一回答)

 

■ネットショッピング利用経験者の4人に1人がトラブルに遭遇している質問:ネットショッピングの利用によるトラブルの経験はありますか。(単一回答)

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

日本法規情報に相談するとどうなるの?

 

日本法規情報はネット詐欺被害を無料相談できる窓口なので、あなたの話をじっくり聞いてお悩みを解決してくれる場所です。

 

しかも日本法規情報はその分野の専門家の方に無料相談することができる貴重な窓口なので、やっぱり詳しい方に相談できると共感もしてもらえるし、なにより安心感が全然違いますよね。

 

無料で相談できる
・どうしたらいいのか専門家に教えてもらえる
・いま抱えているモヤモヤがなくなっていく
・だまされた怒りのストレスを発散できる
・お金が戻ってくる方法を一緒に考えてくれる
・面倒な手続きをやらなくて済む

 

「すごい大金をだまし取られちゃってお金を取り返してやりたい…!」

「悔しくて復讐しないと気が済まん…!」

 

などの思いがある方は専門家によって一部有料になるかもしれませんが、下の画像にもある通り「相談だけでも全然大丈夫」ですので基本的に無料で終わりお金はかかりません。

 

 

このページを見てくださっている方は、おそらく偽サイトにアクセスして何かしらやってしまったかと思いますが、早くしないと詐欺グループに逃げられてしまうので今すぐの相談をおすすめしています。

 

実は通販詐欺は何人かのお金をだまし取ったあと銀行口座を凍結させ、あなたが気付く前に逃げるためサイトを閉鎖するので、早く専門家の方に相談しないと見せる証拠がなくなってしまうなんてことが普通にあります。

 

最近の偽サイトで見られる「銀行振り込み」で支払った場合、被害者は警察や金融機関に届け出て、金融機関は振り込んだ口座を凍結します。口座にお金がまだ残っていたらお金を取り戻すことができますが、ほとんどのケースでは口座のお金はすぐに引き出されるため、戻ってきません。

 

それ以上に遅れると、入力してしまった個人情報(名前、住所、クレジットカード、メールアドレスなど)が海外に流れ詐欺グループのブラックリストに知れわたり、いろいろなところで悪用されてしまうので早めに相談した方がいいです

 

実際に個人情報がもれたことによって、通販詐欺サイトに氏名、住所、電話番号などが悪用されたケースも起きているんです。

 

詐欺サイトの会社概要に私の氏名、住所、電話番号が勝手に使われていました。

詐欺サイトを怪しいと思った人からの電話で初めて知りました。
そういえば知らない電話番号から電話がかかってくるとは思っていましたが、まさか自分の名前が勝手に使われているとは思いませんでした。

そこで、県警のサイバー犯罪対策室に電話をしたところ、詐欺サイト自体がアメリカにあるそうで、削除できないとのことでした。

出来ることは、詐欺サイトであることを知ってもらうことで被害者を一人でも減らすことだそうです。

 

あなたの個人情報が海外に流れてしまえば、日本ではないので警察にどうにもできないと言われてしまうんです(通販詐欺は大体海外サーバーです)

 

とにかくもし通販詐欺にだまされてしまったら、個人情報漏洩の不安もふくめて専門家に相談して指示をあおぐのが一番安心だと思います。無料で相談ができますからね。

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

日本法規情報に相談するメリット

 

「日本法規情報はなんとなくわかったけど、無料で話を聞いてくれるなら警察でもよくない?」

 

darryl
たしかにその通りです。

 

ただ警察や消費者センターって忙しい公的機関なのでこういった声があるんですよね。

 

・冷たい態度で威圧感を感じた
・事務的なマニュアル対応されただけだった
・忙しそうで悩みを聞いてくれなかった
・めんどくさい書類をたくさん書かされた
・時間を使ったあげく泣き寝入りで終わった

 

 

担当してくれた人にもよりますが、こういった対応をされたことも事実です。

 

それでも解決するならいいと思うんです。

 

でも大抵解決しません(泣き寝入りです)

 

その理由は詐欺グループはそもそも日本にいないので取り締まれないんですよね。

 

外国から日本人を狙って海外のサーバー経由で逃げ回っているからです(通販詐欺サイトが次から次へと生み出されるのはそのためです)

 

 

なので警察に相談しても詐欺グループ側の口座が凍結されていたりで解決できず、長い事情聴取+形だけ被害届を出して終わることが多い……。

 

 

悔しくないですか?

 

働いて稼いだお金で欲しいものを買おうとしていただけなのに、悪いヤツにだまされてお金を失い泣き寝入りだなんてひどすぎる…

 

 

darryl
100%相手が悪いのに、
そのお金がまったく返ってこないで泣き寝入りだなんて…

 

お金だけならまだあきらめられるかもしれませんが、入力した個人情報を悪用されてしまったら一生の問題にかかわるので不安になりますよね…。

 

 

darryl
日本法規情報のメリットはここにあります。

 

ゴールが被害届ではなく、ネット詐欺専門家との無料相談・トラブルの解決にあるので、少なくとも悲しい終わり方ではなくなります。

 

実際すでに「このページをきっかけに無料相談を受けられている方が数十名いらっしゃいますよ。」と日本法規情報様からご連絡をいただきました。

 

 

もちろん警察に被害届を出すことはいいことですが、せっかく目の前に無料で相談できる窓口があるのに使わないのはもったいなくないですか?

 

「詐欺被害にあったかもしれない…」のような、警察が取り扱ってくれない確かではない悩みにも専門家が相談に乗ってくれます。

 

しかも日本法規情報はあなたの日程で調整してくれますので会社を休んで警察に行かなければいけない…」のような職場に迷惑をかける行為、家族や世間体を気にするなどの心配がありません。

 

警察に被害届を提出してからでも無料で相談できるので、時間差で相談することもできますよね。

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

日本法規情報に相談するデメリット

 

ここまで日本法規情報のいいところばかり見えてしまっていたので、不安をなくしてもらうためにちゃんとデメリットもお伝えします。

 

・全額取り戻すなどのサービスはお金がかかる可能性がある
・通販詐欺サイトが消えていると証拠がなくて話がまとまりづらい

 

日本法規情報は基本無料ですが、詐欺グループからお金を全額取り戻すなどの復讐心がある場合は弁護士が必要となってくるためお金が発生する可能性があります。

 

また証拠となる通販詐欺サイトがなくなっている場合は具体的なイメージができないため、専門家の方でも困ってしまいますので解決につながりづらいこともあります。

 

ですので以下のことを気を付ければ大丈夫です。

 

無料相談の範囲で専門家の方に「ネット通販詐欺にあったらどうすればいい?」かを尋ねる
・証拠が消えてしまう前に早めに(今すぐにでも)無料相談する

 

この方法が一番お得で安心な無料相談のやり方です。

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

実際に通販詐欺にあった口コミ・体験談

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

日本法規情報のQ&A

迷ってる人
電話で相談したくないんですけど…

日本法規情報
メールのお問い合わせフォームをご用意しています。
要件を細かく選べるので慎重に考えたい方にも安心です。

 

迷ってる人
どんな人が無料で相談に乗ってくれるんですか?

日本法規情報
あなたの悩みを解決できる専門家がお答えします。
もし合わなそうであれば断ってもらって大丈夫です。

 

悩んでる人
無料相談だけして終わらせていいですか?

日本法規情報
はい大丈夫です。ちゃんと専門家の方からしっかり説明がありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

まとめ:日本法規情報に今すぐ相談してください!

 

「ネット詐欺被害にあったらどうすればいい?」という方に向けて、日本法規情報の無料相談窓口を紹介させていただきました。

 

日本法規情報は「詐欺被害相談・ワンクリック詐欺・ネット被害相談」などの通販詐欺相談サポートをしているネットトラブル解決に強い無料相談窓口です。

 

しかもその分野の専門家の方に無料相談することができる貴重な窓口で、ゴールが警察のように被害届ではなく、ネット詐欺専門家との無料相談・トラブルの解決にあるところもいいですよね。

 

また、詐欺サイトに入力してしまった個人情報(名前、住所、クレジットカード、メールアドレスなど)が海外に流れ詐欺グループのブラックリストに知れわたり、いろいろなところで悪用されてしまうので早めに相談することをおすすめしています。

 

実際に個人情報がもれたことによって、通販詐欺サイトに氏名、住所、電話番号などが悪用されたケースも起きているのが現実です。

 

詐欺サイトの会社概要に私の氏名、住所、電話番号が勝手に使われていました。

詐欺サイトを怪しいと思った人からの電話で初めて知りました。
そういえば知らない電話番号から電話がかかってくるとは思っていましたが、まさか自分の名前が勝手に使われているとは思いませんでした。

そこで、県警のサイバー犯罪対策室に電話をしたところ、詐欺サイト自体がアメリカにあるそうで、削除できないとのことでした。

出来ることは、詐欺サイトであることを知ってもらうことで被害者を一人でも減らすことだそうです。

 

あなたの個人情報が海外に流れてしまえば、日本ではないので警察にどうにもできないと言われてしまうんです…。

 

お金だけならまだ仕方ないかもしれませんが、入力した個人情報を悪用されてしまったら一生の問題にかかわるので不安になりますよね…。

 

「詐欺被害にあったかもしれない…」のような、警察が取り扱ってくれない確かではない悩みにも専門家が相談に乗ってくれます。

 

少しでもあなたのお悩みの解決につながれば幸いです。最後までありがとうございました。

 

※あなたの悩みを書くだけで安心の専門家が無料で対応

 

Twitterでフォローしよう

あわせて読みたい